物覚えの悪さを改善する方法

物覚えが悪くなってきたかも。でも、これからお伝えする10のテクニックを使うことで、物覚えの悪さは改善できます。

物覚えの悪さを改善して、素敵な未来を築きましょう!

物覚えの悪さ改善する方法 1 アウトプットする

効果的にものを覚えるには、アウトプットは欠かせません。

文章をいくら読んでも、記憶にはほとんど残りません。

読むだけでは、同じ文章を再び読んだときに「これ読んだことあるな」程度の記憶に終わります。

アウトプットをしていれば、読んだ内容を言葉にすることができるようになります。

物覚えの悪さ改善する方法2 睡眠を取る

睡眠不足の状態が続いていれば、記憶力だけでなく、心身のパフォーマンス全体が下がります。

睡眠が不足した状態が続いているのであれば、まず睡眠不足を解消しましょう。

十分な睡眠を取ることで、物覚えが改善する人も多いでしょう。

 

物覚えの悪さ改善する方法 3とにかく練習

言葉を覚えるのではなく、技能を身につけるには、言葉としてアウトプットするのではなく、実際に練習した方が効果的です。

自転車に乗る方法をどれだけ言葉として記憶したところで、実際になってみなければ、上達することはありません。

練習量も大切です。

物覚えが悪いのは単に練習量が周りと比べて少なかっただけかもしれません。

それなら周りよりもあるスキルを反復することで、しっかり身になることは多いです。

物覚えの悪さ改善する方法 4運動

運動すると記憶の定着がよくなるというのは、良く聞く話です。

運動後にも記憶力が良くなります。

最近運動不足の実感がある人は運動しましょう。

運動すれば物おぼえの悪さはなくなるかも知れませんよ。

物覚えの悪さ改善する方法 5思い出す練習を定期的に

初めの方で物覚えを良くするにはアウトプットが大切だとお伝えしてきました。

アウトプットをするだけでは完璧ではなく、たとえアウトプットした情報でも、何年も使わなければ忘れてしまいます。

脳が使われていない情報は必要ないと判断するからです。

それを防ぐには定期的に思い出す練習をすることです。

定期的に思い出す練習をすることで、脳がそれらの情報は必要な情報だと判断するので、忘れにくくなります。

物覚えの悪さを改善する方法 6改善可能だと思う

物覚えの悪さを改善できると思うことは大切だと思います。

もう年齢だから記憶力は落ちていく一方で当然だし、これから改善するわけないと思っていれば本当に物覚えは改善しません。

なぜなら、改善するための行動を起こさないからです。

ということで、物覚えの悪さは改善できると信じる気持ちも大切です。

物覚えの悪さを改善する方法 7バランスの良い食事

十分な栄養を取らなければ、脳の働きも悪くなってしまいます。

なので、物覚えを良くするには、きちんとバランスの良い食事を取ることが大切です。

実際、炭水化物を減らすダイエットをしたことがある人ならわかると思いますが、ぼーっとしてやる気が出なくなりますよね。

ということで、当然、栄養を十分に取ることは、物覚えにも関係してきます。

物覚えの悪さを改善する方法 8 関連づける

物覚えを良くするために、関連づけて覚えることは大切です。

共通点を見つける能力を高めれば、記憶力も高まります。

共通点がきっかけとなって、二つの物事が思い出されやすくなるからです。

日頃から共通点を見つける練習をすることで、物覚えが良くなります。

物覚えの悪さを改善する方法 9 イメージ力

想像力を高めると物覚えも良くなります。

イメージとして関連づけると、人って記憶しやすいです。

イメージのわかない数字とか、記憶しにくいので、わかりやすいかと思います。

ということで、イメージに変換すると物覚えが良くなりますよ。

物覚えの悪さを改善する方法10 5感を活用

視覚、聴覚、嗅覚、、、、と五感をイメージすることで物覚えがよくなります。

例えば、目の前にあるデスクを覚えたいとします。

そのデスクに形が似ているものを想像してみたり、色や、どんな匂いがするのか、倒してみるとどんな音がするんだろう、とか想像します。

そうすることで、覚えやすくなります。

以上、物覚えをよくするために役に立つ方法をお伝えしてきました。

ぜひ参考にしてみてください!

この記事どうでしたか?
  • おもしろい (0)
  • 普通 (0)
  • つまらない (0)
タイトルとURLをコピーしました