恥ずかしい消したい過去を消す方法

誰しも恥ずかしくて消したい過去がありますよね。

そんな恥ずかしい消したい過去を消す方法やどのようにその過去と向き合えば、心が安定するかお話します。

恥ずかしくて消したい過去を消す方法

記憶を都合よく消す方法ってあるといいんですけど、どこを探しても見つかりませんね。

頭を強くぶつけると、そんな恥ずかしい過去が記憶からなくなるかも知れませんが、その他の大切な記憶もなくなるかも知れません。

危険なのでやめておいた方がいいです。

消したい恥ずかしい過去を消そうとするのではなく、本当はそこまで恥ずかしくないかもと思いこめば一件落着ですよ!

それでは、消したい恥ずかしい過去を消していきましょう。

気にしてるのは自分だけ

恥ずかしい過去を気にしてるのは実際、自分だけです。

というのも、他の人は自分のことなんか真剣にみていないからです。

みんな自分が一番大好きだからですね。

ある人は、人の前で転んでしまったことが恥ずかしい過去で消したいそうです。

でも、これを聞いてどうですか?

そんなに記憶に残らないですよね。

その場にいたら笑ってしまうかも知れませんが、数年後覚えてる人はほとんどいないでしょう。

という事で、恥ずかしいと気にしてるのは自分だけで、周りはそれほど気にしてないことがほとんどです。

自分が一番気にしてるだけなので、気にしなくて大丈夫です。

むしろ、それくらいの恥ずかしさなら数日〜数ヶ月経つと誰も覚えていません。

自分の記憶の中だけにしかない事なので、気にしないでおきましょう。

よほど記憶に残るような恥ずかしい事をしてるのなら別ですが。

酔って漏らして会社を辞めた大人の男性よりは恥ずかしくないです。

もっと恥ずかしい人がいる

世の中には自分の黒歴史とは比べ物にならないような恥ずかしい過去をお持ちの方がいます。

彼らと比べれば、自分の黒歴史くらい大したことないと思えます。

実際、黒歴史を検索してみると、面白いものばかりです。

だったり、自分からすると全然恥ずかしくないよね、と思えるものも多くあります。

ということで、周囲からの評価は色々だし気にする必要はそれほどないかも。

いろんな価値観に触れるといいかも知れません。

世界は広いです。

それに時間が経つと、価値観も変わってくるので、あんなに恥ずかしかった過去も今となっては全く恥ずかしくないという事もあります。

その反面、はずかしさが倍増することもあるかもしれません。

ということで、恥ずかしい消したい過去を消す方法についてお伝えしてきました。

直接消す方法はないですが、周りにはもっと恥ずかしい人がいるから大丈夫という方法と、周囲は覚えてないから大丈夫と思い込む二つの方法がありました。

自分の恥ずかしさ>他人のはずかしさ なので、気にしないでいきましょう。

 

この記事どうでしたか?
  • おもしろい (0)
  • 普通 (0)
  • つまらない (0)
タイトルとURLをコピーしました